UA-61872200-2
村おこし > 過去ログページ
2015年11月30日

入村管理局は村の治安を守ることも役割の一つです

画像はクリックで別窓でも開きます

とまるはワシの従者やから ええねん.jpg

 長万部村への出入りを監視する、入村管理局。

 その役割は、多岐にわたります。

 まず、村外からの訪問者への入村許可と監視。村から出て行く者への出村許可と監視。
 村の内外を問わず、違反者に対する逮捕権が認められています。

 人、物、情報といったすべてのものに関する村への出入りを監視し、時には規制、没収、追放を行います。

 そんな秘密警察のような入村管理局を束ねているのは、局長のとまる。

 彼は、「こま屋」の番頭でもあり、よそ者連合会の代表も務める、村一番の切れ者だと評判の男です。


 とまるは、おまるにめちゃくちゃ甘いので、時に職権乱用してしまうこともあるそうですが、基本的に村の発展と安全を考える、観光協会期待の若手ナンバーワンだそうですよ。

 敵対組織の能力史上党でなくても、敵には回したくない男ナンバーワンでもあるとか・・・。
 
 
posted by 長万部こまる at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入村管理局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月29日

こまる 言い訳のネタが尽きる

画像はクリックで別窓でも開きます

こまる ピーマン食びれないの….jpg

 お子様が苦手なお野菜、ピーマン。
 例に漏れず、こまるも食べれないようです。

 しかしピーマンは緑黄色野菜で、栄養たっぷり。是非ともお子様に食べてもらいたい食材です。

 女将もピーマンをよく食卓に並べます。
 その度に、こまるとの地味なせめぎ合いが行われるのです。

 こまるの言い訳なんて大したことはありません。
 ネタがなくなって、最近は宇宙規模の言い訳に発展しているようです。

 今日の言い訳は、「女将に化けた宇宙人が、ピーマン星人の子供を誘拐したとして逮捕された。まだ他にも誘拐されているかもしれない。だからピーマンは食べないほうがいい。」でした。

 ちなみに入村管理局によりますと、村での宇宙人による他星人への誘拐事件は、今の所起きていないということです。
posted by 長万部こまる at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | こまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月28日

ピーマン星人の幼少期は、ピーマンと区別がつかないらしい

画像はクリックで別窓でも開きます

こまるとピーマン星人.jpg

 今朝、こまるがこま農園でピーマンを収穫していると、ザルをかぶったご婦人が声をかけてきたそうです。

 聞けばそのご婦人、銀河の彼方、P-10000星雲の辺境の星から観光で長万部村にやってきたというではありませんか。
 
 村につき、あちこち観光していると、ちょっと目を離したすきに一緒に連れてきていたお子さんの姿が見えない! まさか迷子? 誘拐??

 長万部村には宇宙からの訪問者がたくさん来ており、中には誘拐や調査のためインプラントを行う異星人もいるというではありませんか。

 ピーマン星のご婦人は、慌てて近くにいた可愛らしい女の子に声をかけ、子供を見なかったかと尋ね、一緒に探してくれるよう求めたということです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上。こまるの証言。


 以下、「こま屋」番頭兼入村管理局長、とまるの証言。

 「ピーマン星が長万部村に入村したという記録はなく、そういった事実は確認されていません。境界地域の警備の強化をしていますので、密入村は考えにくいかと思われます。」


 今日のおかずは、ピーマンの肉詰めだったそうです。
posted by 長万部こまる at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | こまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする