UA-61872200-2
村おこし > 過去ログページ
2016年12月18日

12月は賄賂の月

こまるさん、お歳暮っていうんですよ.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます

 年の瀬になりました。現世の人たちは、この時期に贈り物をするそうですね。この頃は村でも渡来人たちに習って、年の瀬に贈り物をするようになったそうですよ。

 これも現世からの渡来人たちが伝えた文化の一つのようですね。彼らによると、力を持っている人に、その人の好きそうな物を贈って、何かあったときに自分を守ってもらうことを目的としているとか。

 一番贈り物が多いのは、村の影のドンと言われている番頭とまるですが、こまるもなかなか贈り物をもらっているようですよ。この時期は毎日のおやつに困らないとか。ちゃんと誰から貰ったかを覚えているんでしょうかね。
posted by 長万部こまる at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北は上だ!上に進め!

強いが頭が弱い遊撃隊.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます。

 平和に見える長万部村は実は内戦状態。

 「こま屋」の所属する観光協会と、寺子屋の所属する能力至上党は頻繁に武力衝突しています。戦闘時以外は手出しをしない協定なので、こまるたちは毎日敵対組織の運営する寺子屋に通っても大丈夫なのだとか。

 そうはいっても、小競り合いやスパイ行為は日常的にあるようで、各団体はテリトリーの警備は欠かせません。「こま屋」のテリトリーを警備するのは、機動力に優れた、こまる遊撃隊なのですが、ちょっと困ったことになっているようですよ。

 なんでも「北方の守りを強化せよ」との伝達で、遊撃隊の一団がどんどん山の山頂に登っていき、帰ってこないとか。どうやら遊撃隊のメンバーに地図を読めるものがいなかったようで、「北って言ったら上だよね」といった感じで、とりあえず高い場所を見回ってこようということになったみたいですね。

 今度寺子屋のそまる先生に、地図の見方を教えてもらいましょうね。
posted by 長万部こまる at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | こまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月16日

現世に転生したら生きて行く自信がない村人もいる

村では努力は実りません.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます

 長万部村の住民のほとんどは、現世に自由に視察には行けません。一部の高官(主に入村管理局のエリートたちの事ですが)しか自由に現世に渡る事を許されていないのです。

 そのため、現世に対する知識はあやふやで、一般の村人にとっては、現世からの渡来人の発言が主な情報源です。そんな中、現世からの渡来人である、「こま屋」の番頭とまるのインタビュー記事が村を沸かせています。

 そのインタビュー記事により、顔を持たない「カオナシくん」たちの間で、現世は憧れの土地となってしまったようです。村では、顔を持って生まれた者しか高い能力を備えていません。生まれた時点で高い能力を持っているかどうかは一目瞭然。顔を持たない者には村での出世は望みようがないシステムになっています。

 村とは違って、現世ではみんなが顔を持っていること、努力次第で夢を叶えることができることなどを現世からの渡来人である番頭とまるのインタビューで知った「カオナシくん」たちは、こぞって現世への転生願を提出したとか。おかげで入村管理局は大忙し。

 でもね、逆に言うと、現世って努力をしなければ何にもできない世界なのでしょ?こまるはそんな世界には怖くて行きたくないそうですよ。
posted by 長万部こまる at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする