UA-61872200-2
村おこし > 過去ログページ
2017年05月05日

その労力は、その結果に見合ったものですか?

努力に見合う結果とは.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます

寺子屋教師染まるの弟まんまる。どうやら彼はお勉強が苦手のようですよ。

試験前に努力はするのですが、なかなか得点に結びつかないようです。先日も、徹夜で勉強したのに結果は15点だったとか。

そんな、まんまるを見て、優等生おまるは姉こまるの潔さに少し感心してしまったそうですよ。

こまるは、試験前にその範囲と内容を調べ、自分の手に負えないと判断し、試験勉強を放棄。その晩はぐっすり眠ってたそうです。

まあ結果は…いつものように0点だったようですけどね。

こまるは、自分にできることとできないことを判断する能力に優れているので、無駄な努力をしようとしないのでしょうが、すこぐらいはお勉強して欲しいと女将は思っているようですけどね。

そんな、こまるは、立派に村のお仕事もこなしているし、遊撃隊の隊長も務めている頼りになるお姉さんです。
posted by 長万部こまる at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | まんまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリーンカレーは一番スパイシーなんだってさ

乳児にスパイシーなんはあかん.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます

ようやく離乳食が順調に進むようになってきた、おまる。好物はパンのようです。

スープにパンを浸して食べるのがお気に入りだそうですよ。

そんなある日、白いソースがご飯にかかった食べ物が夕食に出たとか。
パンではなかったことに少しがっかりしたものの、クリームシチューは大好きだったのでパクリと大きく一口いったのだそうです。

その後のことは、おまる本人は覚えていないとか。

薄れゆく意識の中、姉のこまるから「こまっこまままま?(ナンもあるがライスでいいか?)」と尋ねられていたことを思い出したそうですよ。

そう、その日の夕食は、こまる特製のグリーンカレーだったということです。
posted by 長万部こまる at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | おまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村の皆さんは生殖能力はありません

性別と生殖は関係ない村.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます

架空の過疎の村、長万部村にある温泉旅館「こま屋」。

一見普通の温泉旅館に見えますが、実は観光協会が誇るエリート先頭集団の最前線基地だったりするのですが、そこは今回のお話には関係ありません。

この「こま屋」の温泉は源泉掛け流しで、お湯の質がとても良いことから、村人たちにも大人気です。敵対組織の構成員も普通に利用しています。

この温泉ですが、混浴しかありません。それも村で言う「混浴」とは動物も入ることがあるよという意味なのです。

村では性別は見た目の違いしか意味がありません。すべての生き物は、柿の実から生まれるので、村人には生殖能力は備わっていないのです。

なので、恥ずかしいとか、そういった感情は初めからないようですね。渡来人たちは、まずはそこにカルチャーショックを受けるそうですよ。
posted by 長万部こまる at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする