UA-61872200-2
村おこし > 過去ログページ
2018年04月28日

人を見た目で判断する村

画像はクリックで別窓表示できます。

一流になりきれない者たち.jpg


入村管理副局長を務めているのは、こまるの妹おまる。

村でも有名な一族の出だそうですよ。

この架空の過疎の村では、一定以上の何らかの能力を持っている者以外は形として存在することができなかったりするのです。

さらに顔などの個性が分かる特徴を持つ者は、その中でもほんの一握り。

ですから、一目で誰だか分かる特徴を持つおまるは、相当優秀だと言えます。

人の優劣を、まさに見た目で判断できてしまう不思議な世界。

生まれた時点である程度優秀さが決まっており、外見から丸わかりな残酷なシステムらしいのです。

なので顔を持たずに生まれた者の多くは、劣等感からか努力することを忘れてしまいます。



村には、見た目であからさまな就職差別もあるのです。

おまるの姉こまるなどは、乳児なのに精鋭部隊の隊長を任されています。

つまり村のエリート集団である入村管理副局長のおまるも乳児なのです。

乳児の下で働くことに、村人たちは抵抗がないのでしょうかね。

こんな村、本当にあったら怖いですね。

posted by 長万部こまる at 18:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月11日

だって警察も司法も掌握してるんだもん

ナイス!至言.jpg

画像はクリックで別窓でも開きますよ。


悪いことをしたら、警察に捕まるよと小さい頃に言われたことがある人は、結構多いのではありませんか?

でも、これってすべての人には当てはまらないですよね。

その国の警察や司法を掌握している人物が、いくら悪いことをしても捕まらないのではないですか?

長万部村にもそれは当てはまるようですよ。

政敵や目障りな人物を裏から手を回して次々と始末し、村の実力者になった番頭とまる…。

彼は毎日楽しく暮らしています。

こまるは、自分の部屋を番頭とまるが代表を務める政治団体の本部として勝手に使われてるので、彼の傍若無人さを毎日目にしているようです。

なので、なぜ逮捕されないのか不思議で仕方ないそうですよ。

通っている学校の先生にも聞いてみたのですが、明確な答えが返ってこなかったそうで、行動力のあるこまるは本人に聞いちゃったようです。

番頭とまるは、権力と悪事の関係について説明してくれたようですが、難しくてよくわからなかったみたいです。

こまるには少し早かったかもしれませんね。



posted by 長万部こまる at 22:59 | Comment(0) | とまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寺子屋進路調査

本人の努力と周りのサポート.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます。


春は長万部村でも進路調査を行います。

原則として、現世への転生は随時なのですが、村内部での昇進はある程度決まった時期になるようです。

辞令が降りるのは、日本と同じ春が多いとか。

村内部でのポストは人数が決まっており、能力によっては希望通りにいかないことも多々あるようですよ。


こまるやおまるが通う寺子屋での進路調査では、そまる先生が教え子たちの進路指導に頭を悩ませていました。

こまるは、お勉強以外は優秀なのですが、志望しているポストにはすでに有力な候補者がおり、夢を叶えるのは難しそうだということです。

こまるの夢はお天気の神様になることなのですが、女将の自然を操る力は村でもピカイチらしく、女将が希望すればほぼ確実にそのポストにつけてしまうとか。

一方、おまるの夢は村の実力者。

村の実権を握り、ちやほやされつつわがままを通すことを目指しているとか。

今でも十分、村の影のドンと言われる番頭とまるの後ろ盾により、好き勝手やっているのですが、自分自身が表舞台にたちたいようですね。

おまるの夢を実現させるべく、番頭とまるが暴走しないと良いのですが…。

そまる先生もそれを心配しているようですね。
posted by 長万部こまる at 22:40 | Comment(0) | 寺子屋教師そまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする