UA-61872200-2
村おこし > 番外編
2016年04月15日

だって妹が自分の髪質が嫌いとか言うから

画像はクリックで別窓でも開きます

綿毛の妖精おまる.jpg

 おまるの髪はふわふわでとっても柔らか。そしてすこ〜し薄いです。

 まだ赤ちゃんなので産毛に近いからなのでしょう。

 でも、おまるは、そんな自分の髪質にコンプレックスを持っている様子。

 姉のように癖っ毛も嫌だけれど、「綿毛ちゃん」とか「ネギ坊主」とか噂されるのも気に入らないようです。

 こまるは、体質だから諦めろと諭すのですが、聞き入れないので、少しばかり昔話を捏造したようです。

 タンポポの綿毛の妖精が、一粒の綿毛を差し出すと、それはキラキラと光輝き、玉のような赤ちゃんに姿を変えた!

 それが、おまるだという強引な展開のようです。

 おまるは村の繁殖システムをよく知っているので、全く信じなかったようですけどね・・・。
posted by 長万部こまる at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月26日

突然死の何割かはコレじゃないかと思う

 画像はクリックで別窓でも開きます

30代なかばでいきなり発症します.jpg

 前回の正解は、甲状腺機能低下症でした。

 こまるが「のめ」と、おまるに渡していた薬はチラーヂンs。しかしこれを飲んでも即効性はないため、おまるはしばらく不調のままでしょう。気長に薬の効果が出るまで飲み続けなければなりません。

 今回は、こまるがモデルです。絵的には、こまるですが、30代半ばの男性ということにしましょう。
 
 こまるは、少し前にインフルエンザにかかり、回復したばかり。本人や周りは、まだ倦怠感や咳が残っているのかな?、
 あとは日にちぐすりだよねと気楽に構えています。

 しかし、今回のケースでは、4コマ目の急激な体重増加に気づいた時点で、専門医のいる大きめな病院に受診しないと、こまるは命を落としてしまうかもしれませんよ。

 さて、こまるはどこが悪いのでしょうか?
posted by 長万部こまる at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月25日

冬に辛い病気です

画像はクリックで別窓でも開きます

服薬コンプライアンス.jpg

 寒さの厳しい中、おまるの様子が変です。

 いつもはキビキビ動くおまる。この頃ぼんやりしていることが多くなりました。朝も起きてきません。

 注意力が散漫になり、物をどこかに置き忘れたり、風邪もひいていないのに寒がったり、あまり食欲がなく食べていないのに太ってきたりしました。

 聞けば、面倒臭くて、いつも飲んでいる内服薬を飲まなくなってからひと月ほど経ったそうです。

 おまるの病気は何で、内服していた薬は何なのでしょうか。

 こわるの予想では、病名は「寒くなってくる季節の冬眠症候群」で、内服していた薬は「春の雫」らしいです。
posted by 長万部こまる at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする