UA-61872200-2
村おこし > 入村管理局
2018年08月13日

シルエットって意外とわからないよね

なかなか見所がある.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます

入村管理局のしたっぱ、カオナシくん達。
今日も元気に出世欲に燃えています。

入村管理局員は現世で言うならば高級官僚。
現世でエリートだった渡来人、村で顔を持って生まれた者しか入局試験に通らないそうです。
村では顔を持てない者は能力が低いのですが、そこは現世での経験を加味して希望者は入局できるのだとか。

今回のこの二人、現世では警視庁にお勤めだった渡来人です。
安保闘争の現場視察で、火炎瓶を拾い上げたら、いつの間にか村にいたのだそうですよ。

昔取った杵柄で、最近村を騒がせる迷惑犯を、情報提供されたシルエット写真のみで見事特定しました。

現場での対応も、さすが元キャリアということで見事なものだったとか。

おまるもとまるも、なかなか見所があると褒めていたそうですよ。

posted by 長万部こまる at 19:41 | Comment(0) | 入村管理局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月11日

まずは現場検証かな

ハーレーカキットソン.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます

入村管理局は、村の最高機関と言って良いほどの権限を持っています。
それもそのはず、現世の手法で村の実権を握った番頭とまるが作った組織なのですから。

おまるは縁故採用でいきなり副局長に抜擢されての入局だったのですが、誰も何の文句も言いません。
だって、逆らうと番頭とまるに消されてしまうかもしれませんしね。

そんな身内に甘い入村管理局ですが、最近村人からの相談に頭を悩ませているとか。
何でも謎の人物が不思議な乗り物を乗り回し、けが人や騒音に悩まされる村人が続出しているそうなのです。

対策を練るにも、村には道路交通法がないので何を根拠に取り締まれば良いのかもわかりません。
そして、一体謎の人物の正体は誰なのでしょうかね。

現場に一度行ってみれば、すぐにわかるような気もするのですが、ここは村の自治に任せるしかありませんね。
posted by 長万部こまる at 16:59 | Comment(0) | 入村管理局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月05日

入村管理局は村の実権を握っております

腐敗の原因.jpg

画像はクリックで別窓で拡大表示されます

 長万部村のエリート集団、入村管理局。局長を務めるのはよそ者連合会の代表でもある、「こま屋」の番頭とまる。副局長は縁故採用の、おまるです。

 この入村管理局は、村に出入りする人や物を監視しており、入村ビザの発給や検疫も行っています。村の外からの物資をいろいろと融通できるので、入村管理局員に賄賂を贈って人気の現世の物品を融通してもらう村人もいるとか。

 おまるは縁故採用ではありますが、その実力は村にも知れ渡っており、何かと賄賂を送られる機会が多いとか。局長の番頭とまるが後見人でもあるので、村では怖いもの無しのようですよ。

 そんなおまるですが、趣味は読書。主に現世の書物を好みます。すぐに書物に影響されて、騒動を起こしてしまうこともあるので要注意です。今回は旧ソビエトの偉人レーニンの書物を読んで感銘を受けてしまったようですよ。

 おまるは、村の腐敗を正そうと立ち上がろうとしますが、そもそも腐敗の温床となっている入村管理局員のナンバー2ですので、どちらかというと粛清される側だということに気づいたようですよ。

 今は入村管理局がないと村の秩序が保たれないそうですので、必要悪ということで見逃してあげましょう。

 
posted by 長万部こまる at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入村管理局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする