UA-61872200-2
村おこし > よそ者連合
2017年01月05日

だから私の部屋だってば

現世からのお客さん.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます

 年末年始は現世から迷い込んでくるお客さんが多くいます。酔っ払って偶然迷い込んでしまった現世の人間は、たいていはすぐに戻ることができるようです。現世に戻れば夢を見たくらいにしか思わないとか。

 しかし、偶然迷い込んだ人が何らかの知識を持つ技術者であった場合、よそ連代表の番頭とまるの権限によって村に留め置かれるそうです。技術者の皆さんは深酒をしないように気をつけてくださいね。

 偶然迷い込んでしまう現世の人間と、来るべくして流されてきた渡来人は本来は別物なのですが、こまるたち長万部村の住民たちにとっては区別はつかないようです。この現世からのお客さんは、一旦はよそ連本部で預かって、調書を取ってから現世に送還されるそうですよ。

 よそ連本部はどこにあるのかって?それは村で一番安全な場所にあるそうですよ。

 

 
posted by 長万部こまる at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | よそ者連合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現世フェス開催中

よそ連主催のイベント.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます

 年末年始、村ではよそ者連合会主催のイベントが行われました。その名も「現世フェス」。

 長万部村の住民に、現世の文化を知ってもらおうと企画されたこの企画ですが、技術者がいなかったため、現世からわざわざ連れてきたようですよ。もちろん無理やり。

 「現世フェス」の第一弾は現世の食文化を紹介する企画だったようで、現世から寿司職人が連行されてきたようですね。おまるがお寿司を気に入ってしまったため、もうしばらくは長万部村でお寿司を握るためだけに滞在を余儀なくされるそうです。

 こまるの、この冷たく、ご飯のおかずにならない食べ物に対する評価は低く、今回の「現世フェス」には一度しか顔を出していないとか。今はよそ連の本部が勝手に置かれている自室で、身柄を拘束されている現世の寿司職人の話し相手になってあげているようですよ。

 無理やり連れてこられた寿司職人さん、早く現世に帰してもらえると良いですね。
posted by 長万部こまる at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | よそ者連合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月31日

現世の習慣はよそ連が伝えます

現世のハロウィンとは違うらしい.jpg

 画像はクリックで別窓でも開きます。

 今日はハロウィン。
 村でもハロウィンの行事が行われます。

 もともと村にはハロウィンの習慣がなく、現世からの渡来人集団、よそ者連合が村にもたらした行事です。
 
 なので、彼らに都合の良いように少しばかり改変されているようですよ。

 なんでも、お菓子に憎い相手の名前を書いて誰かに渡すと、それを受け取った相手が書かれた名前の相手を始末してくれるとか。

 もちろん失敗することもあるので、できるだけ戦闘力の高い相手に渡すのがポイントだとか。

 この時期、こまるは少しばかり太るそうですよ。
 なんでもたくさんのお菓子をプレゼントされるのだとか・・・。
posted by 長万部こまる at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | よそ者連合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする