UA-61872200-2
2017年05月05日

村の皆さんは生殖能力はありません

性別と生殖は関係ない村.jpg

画像はクリックで別窓でも開きます

架空の過疎の村、長万部村にある温泉旅館「こま屋」。

一見普通の温泉旅館に見えますが、実は観光協会が誇るエリート先頭集団の最前線基地だったりするのですが、そこは今回のお話には関係ありません。

この「こま屋」の温泉は源泉掛け流しで、お湯の質がとても良いことから、村人たちにも大人気です。敵対組織の構成員も普通に利用しています。

この温泉ですが、混浴しかありません。それも村で言う「混浴」とは動物も入ることがあるよという意味なのです。

村では性別は見た目の違いしか意味がありません。すべての生き物は、柿の実から生まれるので、村人には生殖能力は備わっていないのです。

なので、恥ずかしいとか、そういった感情は初めからないようですね。渡来人たちは、まずはそこにカルチャーショックを受けるそうですよ。
posted by 長万部こまる at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする